ぱぱ候補がいっぱい

もともとキャバクラで働いていた私。綺麗なドレスを着て、ヘアメイクさんに髪の毛をやってもらって、お客さんとお話して。お給料もたくさんもらえてそれなりに楽しいときもありましたが、やはりストレスがすごかったです。指名をしてくれている人の中にもたくさん嫌な人もいたし、話が合わない人もいました。

ナンバーワンではなかったけれど、2位から4位あたりにいる事が多く、毎月毎月指名と売り上げの事ばかり考えて、かなりストレスになりました。もう、そうゆうのが本当に嫌になり、パパを見つける事にしました。在籍していたキャバクラだと噂が広まるのが嫌だったので、主婦のパパ活で登録者が多い出会い系のパパ募集で見つける事にしました。その頃、友達も出会い系のパパ募集で、パパを探すという事になったからです。

パパ募集をするときに、自分の事を事細かにのせて、条件はゆるくのせてみました。すると、本当びっくりするくらい問い合わせがきました。中には60代の方まで何人もいました。そして、多分5人くらい会って、仲良くなれそうな人を2人見つけました。1人は海外によく行く人で、色々な国に行ってはおみやげをたくさんくれました。もう1人は、焼き肉が大好きな人で、やっぱりなんだかんだ叙々苑が落ち着くんだよなぁーといって、よく叙々苑に連れてってくれました。

1人は1年弱で会うことはなくなりましたが、もう1人の方とは3年くらい仲良くさせていただきました。親しき中にも礼儀ありといいますが、普通にしていれば仲良くしていられる事が多いと思います。パパ希望している方はある程度色々な事に余裕があるので、すぐに怒ったり嫌味を言ったりするような人は少ない印象です。若かったらまたパパ募集してみたいなぁと思います。