プラス効果に惹かれる

一時期テレビのコマーシャルなどで、水に溶かすタイプの青汁がよく紹介されていました。
今ではあまり話題にあがらないところを見ると、そこまでの売り上げにならなかったのか、
それともある程度の顧客を見つけることができたので、そんなに放送料金払ってまで紹介しなくてよくなったのかどちらなのかなという印象をもっておりました。

そんなおり、最近ネットサーフィンをしていると乳酸菌入りの青汁なるものが広告にあがっているのを見つけました。乳酸菌をいれることでどんなプラス効果があるのか気になってつい広告のバーをクリックしてしまいました。
そこで青汁と乳酸菌の相乗効果の良さを知り、今一度青汁を飲んでみようかなという気になりました。
結局自分のようなミーハーな人間はこういうのによわいのかもしれません。

青汁の栄養価が非常に高いことはデータとして確かなことですし、
乳酸菌が入ったことで、これは絶対に健康に良いだろうというのはわかるのですが、
送られてきた青汁の箱に書いてある「飲みやすい味」というのが自分は信用できません。
というのは、お試しで飲んでみたところ、これはなかなか飲むのに気力がいるなという結論に自分のなかで至りました。
したがってメーカー各社様には、青汁の効能を飲み合わせ的に不備なくすることのできる美味しい組合せを是非とも考えていただきたいと思います。
とはいえ、味覚はそれぞれ違うもの。おいしく飲める方もきっといるとも思います。
続けていける味に出会えるまで、試して行きたいと思っています。